HOME > 相続方法の決定 > 相続放棄の注意点

相続放棄の注意点

olnewsmall01.PNG

 相続放棄には、注意すべき点があります。

 相続放棄は、相続開始を知った日から、3ヶ月以内に
 
家庭裁判所に申述することで、実現可能ですが、
 放棄された相続財産はマイナスであれ、プラスであれ、
 次の相続順位にある相続人に承継されるからです

 つまり、これは安易な申請ではないのです。

 あなたが相続財産の放棄をしたとしても、その他の相続人に
 その財産は承継されてしまう事になるからです。

 この場合、プラスの財産であれば問題はありませんが、マイナスの財産であれば、
 そこでも相続放棄をする必要があります。
 これは、第1順位の配偶者や直系嫡出子に限らず、被相続人の両親や兄弟姉妹
 にもマイナスの財産がいってしまう
事になるという事です。

 

 当センターでも、月に1~2件こうしたお手伝いをさせていただいておりますが、
 そうした場合でも、相続放棄の申述は4~6名になる事がほとんどです。
 まずはお気軽に、無料相談のお問合せを下さい。
 このほか、3ヶ月を過ぎてしまった相続放棄についても、条件によっては申請に
 よってマイナスの財産を放棄する事が可能な場合があります。これは、個別に
 経緯をお伺いする必要がありますので、こうした場合も無料相談にてお打合せ
 下さい。
 

相続に関する相談は愛知相続遺言相談センターへどうぞ!

sodan0626.PNG IMG_77.JPG
jimu0626.PNG
hiyou0626.PNG

お問合せはこちらから 

tel0425b.PNG

 

トップページに戻る

愛知相続遺言相談センターのサポート
事務所紹介サポート料金アクセスサポート体制


相続・遺言について、もっと詳しく知りたい方はこちら

遺産相続の流れ.PNG 相続方法の決定.PNG 財産の名義変更.PNG 遺言書について.PNG