HOME > 相続方法の決定 > 限定承認とは

限定承認とは

kitagawa0001.png 

限定承認とは、被相続人の残した財産において、

プラスの財産とマイナスの財産があった場合に、

プラスの財産の限度においてマイナスの財産も相続し、

それ以上のマイナスの財産を相続しない方法です。

限定承認にも、いくつか条件があります。

ひとつは、相続人が相続開始を知った日から3ヶ月以内に、家庭裁判所に
限定承認の申立をしなければならないことです。
この際に、相続人が複数名いる場合、相続人全員が一致する必要があります。

もしも、3ヶ月を超えてしまった場合は、原則としてプラスの財産も、マイナスの
財産もすべて相続する「単純承認」をしたとみなされます。

 

限定承認の申立てのサポートも行っております。まずは、お問合せください。
また、3ヶ月過ぎてしまった場合、条件によっては相続放棄できる場合があります。

 

この場合も、まずは相続相談にお越し下さい。

 

相続に関する相談は愛知相続遺言相談センターへどうぞ!

sodan0626.PNG IMG_77.JPG
jimu0626.PNG
hiyou0626.PNG

お問合せはこちらから 

tel0425b.PNG

 

トップページに戻る

愛知相続遺言相談センターのサポート
事務所紹介サポート料金アクセスサポート体制


相続・遺言について、もっと詳しく知りたい方はこちら

遺産相続の流れ.PNG 相続方法の決定.PNG 財産の名義変更.PNG 遺言書について.PNG