HOME > 遺産分割 > 遺産分割

遺産分割

 

 

ここでは、遺産分割(協議分割)の方法についてご説明致します。

遺産分割は、相続人全員の合意のもとに進めていく必要がありますが、
遺産分割協議書は相続人全員の合意をもとに作成する必要があります。

しかしながら、遺産分割がうまくいかないケースは残念ながら、
今、現在発生している相続の10%近くもあるような話も聞きます。
協議分割に向けて何ができるのか、何をしたらよいのか、丁寧に
お伝えさせていただきますので、ご参考ください。

 

手続きが進まないが、協議分割を目指したい場合

協議分割に向けた進め方

遺産分割に関するよくある問題

親族間における人間関係も壊し、そして自分が相続する財産の10~15%ちかくにも
なる高額の報酬を弁護士の先生にお支払いしてまで、何年も争っていく意味が無い。
また、そんな事はしたくない。
そうお考えの方は、是非とも、きちんとした相続手続きを踏んでいただき、まずは協議分割を
目指されることをお勧め致します。 改めて、協議分割に向けた手続き をご確認ください。

 

遺産分割協議ができない相続人がいる場合

相続人の中に、遺産分割協議に参加できない人がいる状況で手続きを進めることは、
結局のところ、無効な遺産分割協議書を作成する事になります。
バレなければ、問題ない・・・ そんな手続きでは、後々のトラブルを招いたり、損害賠償にも
発展しかねません。やはり、法律にのっとった手続きを進めるべきですね。

 

相続手続きを進めたい方

相続手続きは、こちらにてご確認下さい。

相続人調査と財産調査

相続財産の名義変更

相続方法の決定

 

遺産相続紛争になってもしかたがない・・・という方

とにかく、相手方に権利を主張したいという方はこちらをご参考ください。

相続人の権利(特別受益)

遺留分減殺請求について

司法書士・行政書士は、裁判などで相続人の代理人となって交渉をすることは出来ませんので、
裁判業務をご希望の方には、信頼できる協力先の弁護士をご紹介させていただきます。